What's New


久しぶりに練習試合の写真をアップしました リンク
1008

o-50カップ戦 9/23 vs浦安シニア 0-0
貴重な勝ち点1
【講評】高頭様

桜田カップO-50開幕戦。日差しがあり暑さを感じるの中キックオフ。
序盤は浦安が攻勢。
1 最初の右コーナーはキーパーがキャッチ。
9 右からのクロスをフリーとなった44が両チーム通じての初シュート。しかしボールはクロスバーのはるか上。
浦安が押し気味にゲームを進め左サイドから早めのクロスを多用しボールを中央に送るが、DFにクリアされる場面が続く。
前半中盤以降は、中盤での潰し合いに終始、両チームともなかなかゴール前までボールを運べない中、前半終了間際、浦安がチャンスを作る。
24 浦安43、ペナルティエリア左から久々にシュート。枠は捉えられない。
25 浦安左サイドからフリーキック。中央にクロスを送るもキーパーがキャッチ。
後半は、暑さでDFの対応が緩くなり、ソレイケも反撃。両チーム互角の展開となった。
32 浦安右コーナーからゴール前の混戦。ソレイケDF、体を張ってクリア。
34 ソレイケ右からのクロスも合わせられず。
36 ソレイケ右コーナー。前半とは異なり、徐々にソレイケの時間が増えてくる。
38 浦安、縦パスに抜けた44がペナルティエリア内右からシュート。これはキーパーに阻まれる。
40 浦安右サイドのフリーキックからのこぼれ球を92がシュート。これはミートせず。
44 ソレイケ速攻からチャンスを作るが、決めきれない。
49 ソレイケ縦パス1本からシュートまで持ち込むが、キーパー正面。これも決められない。
50 ソレイケ29が18からのパスを受けキーパーと1対1。絶好機もシュートは力なく大きく枠を外れる。
51 浦安右からのクロスに71が頭で合わせるもゴール左に外れる。
53 浦安右コーナーはゴールキーパーがキャッチ。
55 ソレイケ29番がうまくドリブルで抜け出しシュートまで持ち込むが、著しく正確性を欠いたシュートは大きく枠を外す。
59 浦安左サイドから中央に切れ込んだ43がシュートを放つがわずかにクロスバーの上。
両チーム決定力を欠き、ゴールレスドローとなった。
MVPは、試合を通じ絶えず後方からチームを鼓舞し続け、自身も得点を許さなかったアルゼンチンのシャツで臨んだGKの金子選手となりました。

 

o40 8/26 vs FCマグノリア
3点ボコられる。。。 暫定5位転落、

【講評】盛田様
風もほとんど無く酷暑の中の試合のため前、後半、2回の給水を取るということ事で開始されました。
マグノリアのキックオフ。
立ち上がりマグノリアがボールをキープするも無理に攻め込まず、様子を見ながらパスを回し、ソレイケがゴール前を固める展開。
6分にマグノリアが最初のシュート。枠を外す。が、ここからマグノリアの攻撃に勢いが増し3番からのパスを38番がシュート。
惜しくポストにあたり、バックがクリアしコーナーに。このコーナーはキーパーがキャッチ。
10分ソレイケのカウンター。バックから前線の27番へパスが通りドリブル。マグノリアのファールを誘いフリーキック。25番が直接、狙うが枠を外す。
給水後、マグノリアのゴールキックから試合開始。このボールが75番へ。そのまま持ち込んでシュートがゴールが決まる。マグノリアが先制。
ソレイケもメンバーチェンジで流れを変えようとするがゴール前までボールを運べず。
21分マグノリアの38番が左サイドでパスカットしたボールをドリブルから豪快なシュートを決めてマグノリアが2点リード。
2点を取ったマグノリアがじっくりパスを回し時間を使う。ソレイケはボールを取りにプレスをかけたいが、暑さもあってボールが奪えず。このまま前半終了。

後半、ソレイケキックオフ。
後半もマグノリアが押し込み3分、70番が左からのクロス、バックがクリア。
5分ソレイケがカウンターからゴール前まで攻めるが、ラストパスが合わずバックがカット。
攻守ともマグノリアが組織的ゲームを進め、リードされているソレイケは焦りと暑さからかいつもよりパスがつながらず決定機がつくれない。
12分マグノリアの9番がドリブルでしかけファールをさそいフリーキック。70番がゴール前に入れて38番へ。シュートを打つが枠を外す。
17分ソレイケ、やはりカウンターから前線の27番へ。ドリブルでバックを引き寄せてからスルーパスを出すが惜しくも届かず。
2回目の給水を挟んで23分マグノリア、フリーキックから17番が狙ったシュートをキーパーが弾き出すが72番が拾い左の角度のない位置からシュート。これもキーパーが弾きコーナーキック。38番が頭で合わせるが枠を外す。
残り時間少なくなり前半同様マグノリアが、パスを回しつつ隙あらばゴールを狙う展開。
27分マグノリアが攻めバックにカットされたボールを75番が取り戻し6番へ。シュートを打つがキーパーがセーブ。
終了間際またもマグノリアがソレイケのボールを38番がカット。自ら持ち込んでシュート。ゴールが決まってマグノリアが3点目を決め試合終了。

暑い中試合でマグノリアが組織力でソレイケに勝った印象の試合でした。

 

2/18 フットサル・フェスタ
1216o-40 準優勝 !                 (c)kiuchi 選手

o50 2/04 vs浦安 2017年度最終戦
2040-3 で勝利した結果、初優勝!!! 

【講評】出山様

曇り空の下、無風ながら寒々としたあけぼのグラウンドで浦安のキックオフで試合開始。立ち上がり中盤で一進一退ながらも、長いパスで両サイドを走らせるソレイケが試合を優位に進める。

3分、

最初のチャンスはソレイケ、カウンターから左サイド10番がシュートするが外れた。
ペースを握るソレイケは9分、中央63番佐野選手からのパスを右サイドに抜け出した76番松沢選手が落ち着いてシュート、これが決まり、先制ゴールとなる。
その後もソレイケが試合の主導権を握り、浦安ゴールに迫る。17分には右サイドを駆け上がった31番がゴール前にセンタリング。GK触れず、ワンバウンドしたボールを62番がダイビングヘッドで合わせるが惜しくもバーを越える。
そして18分、ソレイケは右コーナーキックから18番佐藤選手がヘッドで落とし、39番住井選手が豪快に蹴り込んで追加点。2−0とする。
その後、浦安も反撃に出る。21分、21番がロングシュートを狙うが右に外れる。
23分


にはコーナーキックから浦安5番がシュートを狙うがディフェンスがブロック。互いに攻め合うが決定機までは行かず、前半はソレイケ2点リードで折り返した。
後半に入ると、浦安がボールポゼッションを高め、パスをつないで浦安陣内に攻め込む時間が多くなる。
31分

、浦安はコーナーキックを得るが、うまくヘッドに合わせることができない。
39分 には浦安FKからのこぼれを40番が狙うが右に外れる。
浦安はボールを支配し、パスをつなぐが、最後の崩しがうまくいかず、攻めあぐねていた。すると、ソレイケは72分、奪ったボールを素早く前線の85番小林選手に送り、センタリング、中央で62番岸選手がヘッドで合わせてゴール。試合を決定づける3点目を奪った。
45分



、ソレイケはゴール前のーキックから意表を突いて右に抜け出た16番にパス。フリーでシュートしたがゴール右に外れ、頭を抱えた。さらに、50分には裏へのパスに走り込んだ21番がシュートを狙うがGKに阻まれた。
51分

、浦安は中盤で奪ったボールから素早い攻撃で29番がシュートをしたが、右に外れた。
試合終了間際、浦安は相手の連携ミスからボールを奪った23番がキーパーを振り切って無人のゴールにシュート。一矢報いたと思われたが、必死に駆け戻ったソレイケ39番にぎりぎりで防がれた。
試合はこのままタイムアップ。3−0でソレイケの勝利となった。
ソレイケは最終節会心の勝利でリーグ優勝を決めた。
ボール支配は浦安が上回ったが、ソレイケは前線からのプレスが効果的に機能し、浦安に思うようにチャンスを作らせなかった。
マンオブザマッチは、2点目のゴール、それに終了間際に無失点を守るすばらしいディフェンスを見せたソレイケ39番の住井選手を選んだ。

 

*** スポーツ保険について **
スターズリーグでは、選手は全員がスポーツ障害保険に入ることとなっています
ソレイケでは「スポ安ネット」と呼ばれるスポーツ安全協会の、スポーツ安全保険に加入しています。費用は年一回に徴収している活動費から全員を登録していますので、もし怪我を負って病院に行くことがあったときは活用してください。
通院の場合は1日1500円支払われます。

簡単に手続きの流れを  (詳しくは こちら
1.電話で申請 (0570-087109) 、もしくはネットで申請する。(佐藤がやりますので、申請してねと伝えて以下の情報をください)
※負傷者の住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号
事故の日時、場所、原因、状況
身体の障害または物の損壊(注1)の程度
が必要です
※休日はログイン出来ませんから、平日の申請になります


2.書類が送られてくるので、書類と病院の領収書
を送る

3.振り込まれたことを確認し、ニヤリとする

保険の詳しい内容は こちら を参照してくださいm(__)m

esigned by CSS.Design Sample

Copyright © Kashiwa Soreike. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system